赤いヒールと下着

焦らず気分を盛り上げていくのがセクキャバの基本

セクキャバがキャバクラと違う所と言えば、女の子へのお触りが出来る所ですが、横浜のお店では一方的に触るだけでなく、相手の女の子からもボディタッチがあり、そうした双方の触り合いこそが醍醐味になっています。
なのでお触りが許されているからと一方的に触り続けるのではなく、相手が積極的になるまで待つことも、セクキャバを楽しむ上で重要なポイントです。
横浜のセクキャバに勤めるキャスト達も普通の女の子なので、気分によってサービスは変わります。
最初からずっと体を触るだけでなく、しっかりお酒を飲んで会話してコミュニケーションを取り、雰囲気を盛り上げてからお触りに入れば、ディープキスに込められる熱も代わりますし、女の子からも抱きついてこられたりと、よりイチャイチャしたふれあいが出来るでしょう。
また、付いた女性の気質にもよりますが、相手の気分が乗ってくれば、相手もこちらを気持ちよくしようとしてきます。
横浜のセクキャバでは下半身を触ることは禁止されているので、胸や首などを触って刺激する形で直接的な方法ではありませんが、やはり一方的に触るだけでなく、相手からも気持ちよくしてもらえば嬉しくもなるでしょう。
相手が乗ればそう言った楽しみがあるので、お触りを楽しみたくても最初からお触りに集中せず、まずはお酒と会話で気分を盛り上げていくべきです。

Post List